金利ではなくトータル的な返済額をチェック

カードローンでの一括返済は、上手におこなうことで支払いがぐんと楽になります。でも、ただ単にカードローンに切り替えればいいというものではありません。特にメリットだけをみてデメリットを把握していないと、リボ払いと大して変わらなくなってしまうのです。

 

リボ払いで増えすぎた借金の額をカードローンで借りるという事は、利息が安くなる可能性を秘めています。なぜなら、借入額が大きいほど利息が安くなるといった特徴があるからです。ただし、これは今よりも低い金利で借りることができたら…というもの。低金利でおこなっているカードローン会社をみつけ、その審査の通る必要があるのです。とはいえ、ただ金利が安いだけではダメ。金利だけに注目してしまうと、逆にトータル的に支払う利息が高くなってしまっていることになるのです。つまり、損をしてしまうのです。

 

これはどういうことかというと、返済期間が伸びてトータルの金額が増えてしまうという事。金利が安くなると月々の返済額が減りますが、それは返済期間が長くなっただけ…ということも。返済期間が延びると、当然のことながら支払う利息も増加します。これでは、多少金利が安くなったからといって意味がなし。こうした目先のお得感に浸るよりも、見るところは月々の支払額ではなく返済額のトータル。最終的にはいくら支払う事になるのか…その点を追求し、より安いところを選ぶようにするのです。返済総額で選ぶことが大事なのです。


おまとめ詐欺に要注意

リボ払いなどで多額の借金ができてしまった人などは、できるだけ安い金利で借金を減らしたいと考えています。リボ払いではなかなか借金が減りませんから、内心ではかなり焦っているものとなります。そんな困っているところに付け込んでくる詐欺がいます。手口はいたって簡単で、コロリと騙されてしまう人が少なくないのです。

 

どのような詐欺かというと、多額の借金を抱えて困っている人に対して、低金利の高額融資を持ち掛けてくるというもの。信じられないような安い金利ですから、特に支払いがほとんど利息だけになってしまってなかなか減らない人からしてみれば、飛びつかずにはいられない内容です。そして、契約をしてしまうと態度を豹変。何かと理由をつけて保証金や手付金といったお金を請求し、お金を巻き取ろうとするのです。しかも、これらのお金を払っても実際に融資してもらえることはなく…最終的には電話もつながらない行方不明状態になるのです。

 

もらうものだけもらって、さっさと逃げる…これが典型的な詐欺の手口です。ちなみに、融資はしてもらえるケースもありますが、この場合では後日、法外な手数料を請求されることがほとんどです。こうした詐欺では、有名銀行などの関連会社もしくは似たような名前でアプローチしてくるので注意が必要。常識的に考えてみて、あまりもうまい話をしてくる業者には気を付けたいところ。借金に疲れている人は話にのってしまいがちなので、くれぐれも注意するようにしましょう。


関連ページ

おまとめローンの審査
リボ払いで膨れてしまった借金。 これを効率的に解消するには多額のお金が必要となりますが、その審査は厳しいのでしょうか?
NGカードローン業者の特徴
リボ払いによる借金を軽くするためにカードローンを選ぶにしても、絶対に選んではいけない業者があります。
消費者金融や銀行以外のカードローン
消費者金融や銀行以外でもカードローンは取り扱っています。 金利も安いので検討する価値はあります。