金利は上限金利をみる!

リボ払いによる借金はどんどん膨らんでいきます。それを阻止するためにもカードローンが最適。でも、使い方を間違えると、リボ払いによってできてしまった借金を返済しやすくするためにカードローンに変えたのに、逆に借金が増えてしまった!?…なんてことにもなってしまうので注意が必要。こうした失敗をしてしまう人というのは、借換に不向きな会社を選んでしまっているからです。

 

まずリボ払いの借金を一括返済するのに適していないカードローン会社とは、金利が高い会社です。支払い利息が今よりも大きくなってしまいますので、借り換える意味がなし。すすんで金利の高いところを選ぶ人はいないと思いますが、こうした失敗は下限金利で判断してしまったが為に引っかかってしまっているようです。カードローンの広告では、金利が下限と上限で示されています。下限だけを見ると低く思えますが、実はその数字が適用されるのはあまりありません。上限金利に近い数字が適用される事がほとんどですので、金利を比べる時は上限金利を見るようにします。審査が終わるまでは何%の利率が適用されるかは不明ですから、必ず上限金利でチェックして選ぶようにしましょう。

 

また、もしもリボ払い以外にも借金があり、数社の借金をまとめて返済する場合は、加重平均金利の計算も忘れずにやっておくといいですね。加重平均金利とは、年間での利息の合計金額を借り入れ残高で割ることで算出する金利。加重平均金利よりも上限金利が低い業者を選ぶようにしましょう。


利息が低くても、返済期間が延びては意味がない

カードローン会社を選ぶ際には、毎月の支払金額も気になるところ。できれば低く設定できるところがいいですが、あまりにも低く設定されている場合は注意が必要です。なぜなら、返済額が低いほど返済期間が延びて利息が増えてしまうからです。金利が低くなっても、これでは意味がありません。基本的には、今支払っている月々の返済額を下回らなければOK。ただ、金利の下げ幅によっては月々の返済額が少なくなっても問題ない場合もあるので、返済シュミレーションなどでしっかりと借換前と借換後の利息計算をするようにしましょう。

 

また、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者によるカードローンを利用する際には、金利があまり変わらない、下げられない事もあるので注意が必要。ただ、一部の貸金業者では借換専用ローンを用意しているところもありますので、そうしたプランを利用するようにするといいですね。同じ貸金業者でも、総量規制の例外として年収の3分の1以上の金額が借りられることもありますし、契約完了の時点で現在借りているローンの返済を代行してもらえることも。ただし注意点としては、金利があまり下がらない事、返済専用なのでカードローンのように自由に借り入れができない事です。

 

そして、違法業者からは絶対に借りてはいけません。特にリボ払いなどの多額の借金に苦しんでいる人というのは狙われやすいので、甘い言葉に引っかからないように要注意です。


関連ページ

おまとめローンの審査
リボ払いで膨れてしまった借金。 これを効率的に解消するには多額のお金が必要となりますが、その審査は厳しいのでしょうか?
カードローンに代える時の注意点
リボ払いでできた借金をカードローンで一括返済する際には、注意点があります。 利息が安い…だけで決め手はいけないのです。
消費者金融や銀行以外のカードローン
消費者金融や銀行以外でもカードローンは取り扱っています。 金利も安いので検討する価値はあります。