カードローンとキャッシングは融資額が違う

カードローンとキャッシングは、混同されがちなもの。基本的には同じお金を借りるものではありますが、厳格に言うと似ているようで異なるのものです。

 

キャッシングというのは、短期間で借りる小口融資の事をいい、クレジットカードにも付帯されたりしています。もともとクレジットカードは、大きなお金を持ち歩くのは不安なことからできたもの。トラベラーズチェックが進化したもので、ショッピングクレジットの為のカードとして発展してきました。基本的には翌月一括払いで、アメックスなどの国際ブランドカードでは今も一括での支払いが基本となっています。リボ払いだけの専用カードも別に用意されていることもあります。そんなクレジットカードに、少額でのお金を引き出せるキャッシング機能がプラスされ、一括返済が可能な金額での融資を目的としており、最大でも50万ぐらいまでとされています。

 

これに対してカードローンは、少ないもので数十万といったキャッシングでは大きい金額。大きなものでは数百万といった融資が可能となります。金額が大きいことからも、基本的に返済方法はリボルビング払いとなります。金融機関によってさまざまなカードローンが発行されていますが、一般的にはカードローンの専用口座と普通預金の口座があり、毎月の返済は普通預金口座から。月々の支払方法は、カードローンの残高によってスライドされていきます。おおくが定額のリボルビング払いとなりますが、金利は限度額が大きいカードローンほど低く、少ないほど高くなるといったもの。キャッシングよりも高くなることはほぼありません。カードローンは長期返済として利用するものなので、返しては借りてはを繰り返すと、逆に金利額が増えていきますので要注意です。


カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードは全く違うものであることは、ほとんどの人が知っています。ですが、クレジットカードにもキャッシング機能があることからも、ちょっと似ているものとも言えますね。とはいえ、クレジットに付帯しているキャッシングとカードローンでは、金利も審査もまったく異なります。

 

ちなみに、クレジットカードにカードローンを付帯することが可能。この場合では、クレジットのキャッシング枠を増額するのではなく、別でカードローンを発行するものとなります。もちろん審査も別でおこなわれるものとなり、クレジットカードの審査よりもちょっと厳しくなるといわれています。ただ、審査でチェックされる項目には大きな変更はないようです。

 

クレジットカードは基本的にショッピングによる利用となり、完済するまではクレジット会社に所有権があります。担保があるということ意味からも、審査は緩めとなっています。でも、カードローンでは担保なしでお金を貸しているので、下手をすると貸し倒れの可能性があるわけです。個人の信用だけで貸しているので、審査が厳しくなるのです。

 

気になる金利については、クレジットカードのキャッシングの金利の方が割高となります。同じ会社のローンを利用するのであれば、別で用意されるカードローンのほうがお得なのは言うまでもありません。


カードローンとは?記事一覧

銀行カードローンの申込条件に見られることがある「保証会社の保証を受けられる人」という言葉。その保証会社には、アコムなどの大手消費者金融の名前が見られます。申込先は銀行なのに、保証会社として消費者金融会社が関わってきている…これは一体どういうことなのでしょうか?消費者金融が銀行カードローンの保証会社になったのは、2000年頃。グレーゾーン金利の撤廃と過払い金請求問題が注目されていた頃であり、利息制限...