消費者金融会社が保証会社になっている理由は?

銀行カードローンの申込条件に見られることがある「保証会社の保証を受けられる人」という言葉。その保証会社には、アコムなどの大手消費者金融の名前が見られます。申込先は銀行なのに、保証会社として消費者金融会社が関わってきている…これは一体どういうことなのでしょうか?

 

消費者金融が銀行カードローンの保証会社になったのは、2000年頃。グレーゾーン金利の撤廃と過払い金請求問題が注目されていた頃であり、利息制限法適用されるなどして、高金利のローンから多くの人が解放されるといった、金融会社にとっては大きな節目となった年でした。これが消費者金融業者にとっては大きなダメージとなり、大手消費者金融でも事業を続けるのがなかなか厳しいものにされたほど。生き残るために、大手銀行の金融グループの傘下に収まったのです。銀行にとっても、今後は大口の融資だけでなく個人を相手にして小口の融資も展開していこうと考えていただけに、消費者金融と手を組むのはメリットのある事でした。これが、消費者金融が銀行カードローンの保証会社になっている理由です。

 

銀行カードローンの保証会社としては、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムや三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス・プロミスが有名。一般的に銀行は審査が遅いといわれていますが、こうした消費者金融がグループ内にある銀行は、審査も早く即日融資にも対応できるものとなっています。個人への融資に長けている消費者金融のノウハウを、うまく吸収できたといえます。


カードローンの与信の意味は?

たまに耳にする「与信」という言葉。これはどういうことなのかというと、「信用を与える」という事。融資や信用取引の場でよく使われ、いくらまでなら貸しても大丈夫ということになります。

 

この与信は、審査によって決められます。今の収入や借入利用残高などから、返済能力の有無をチェック。与信枠を決める審査では、個人信用情報などからこれまで延滞や事故歴などはないか見て、毎月必ずきちんと返してくれるかどうか、簡単に返済を放棄しないかを計ります。カードローンは無担保ですが、住宅ローンなどの担保がある場合は担保評価などもされることになります。つまり与信とは、返済能力・返済資質・担保評価で決められるのです。

 

また、与信枠は最初の審査で決まった額がずっと適用されるわけではなく、その後の利用状況や返済実績などから随時確認。これを途上与信と呼び、ケースによっては個人情報から他社状況なども見て、常にその適性を審査します。もしも与信が悪い方にとられるようになれば、利用上限額が減額されたり、新規での貸し出しでできなくなることも…。さらに、カードローンでは返済実績が良くても自動的に枠が広がることはありません。増枠するには利用者からの申し込みが必要。再度審査して決定するものとなります。

 

ちなみに与信枠は、たとえめいっぱい使っていないとしても、「与信枠が与えられている=いつでもその金額の借金ができる状態」と見られます。ですから、「使わないけどとりあえず作ったカード」が何枚もあると、別でローンを申し込む際に不利となるので注意が必要です。